raidendo


スマホ用メニューは右上の三本線アイコンです

三重県

近鉄名古屋駅から急行列車で1時間以上かかる南が丘駅の近くにある津南が丘局の風景印は「岩田池に浮かぶ海ガモと津南が丘団地を描き、近鉄アーバンライナーを配す」です。南が丘駅には特急列車は停車しませんが、アーバンライナーが描かれています。
関西本線と紀勢本線の接続駅である亀山駅の目の前にあるのが亀山駅前局です。図案は「亀山城多門櫓と野村一里塚にSLと機関区跡を描く」です。残念ながらSLの部分が潰れてしまって判別が難しい状態でした。

京都府

独特な局名ですが、これはパセオダイゴローという商業施設内に入居しているためです。風景印には真下を走る京都市営地下鉄が描かれています。
京都常盤局の風景印は「映画のメッカ常盤野の風景として映画カメラと京福電鉄北野線電車と北野駅を描く」です。正式名称は京福電鉄ですが、通称の嵐電で呼ばれることも多いです。
局名は亀岡篠局ですが、最寄り駅は亀岡駅ではなく馬堀駅です。図案は「保津川下りと嵯峨野トロッコ列車を描く」です。訪問時にトロッコ嵯峨駅に隣接する資料館へ行こうとしていたのですが、まさかの休館日で入れませんでした…。トロッコ列車も同様に運休日が設けられているので訪問の際にはご注意ください。
加悦局の風景印は「加悦大橋と加悦SL広場を描く」です。かつて存在した加悦SL広場には貴重な鉄道車両が多数展示されていましたが、残念ながら閉鎖されてしまいました。一部は譲渡先が決まったらしいですが、ほとんどの車両は老朽化が激しかったので解体されてしまいそうです。

大阪府

摂津局の風景印は「東海道新幹線鳥飼車両基地と新幹線を描く」です。東海道新幹線の大阪側の拠点として、車両留置や各種検査業務を担っています。0系、100系、300系と東海道新幹線の歴代車両が描かれた贅沢なものとなっています。

兵庫県

余部局の風景印は「余部鉄橋と走行する列車(キハ181系)を描き、余部埼灯台を配す」です。余部鉄橋は架け替えによって姿を変えましたが、風景印では往年の姿を残しています。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP